読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギタリスト大百科

私の知っているギタリストや好きなギタリストをご紹介していきます。たまにギターや音楽と関係無いことも書きますm(_ _)m 最終的にギタリストの広辞苑みたいになればいいなと思っとりますが 多分ごちゃまぜブログみたいになると思います(笑)

 Albert Collins(アルバート・コリンズ)テキサス・ブルーススタイルを凝縮したサウンド!

Albert Collins アルバート・コリンズ BLUES テレキャスター

スポンサードリンク




f:id:ichichanng:20160201232342j:plain
画像引用元
http://ameblo.jp/muddy/entry-11774387321.html

FMチューニングとカポタストの凶悪サウンド

ミスター・テレキャスター、アルバート・コリンズ。
どデカく鋭角的、かつ歪んだサウンド、これでもかと激しく突っ込み畳み掛けるギターは これぞテキサス産。彼の地のアグレッシブスタイルそのまんま。
それが コリンズスタイル。
1932年 テキサス州レオナ生まれ。従兄弟の影響でギターを始める

 従兄弟はラップスタイルでの ナイフ・スライド奏者。

おかげでコリンズはFマイナー・チューニングを人差し指で弾くというスタイルに定着。その後、Tボーン・ウォーカー、ゲイト・マウス・ブラウンらに感化され、ゲイトマウスの影響でカポタストを使うようになる。

50年代初頭から地元ヒューストンで活動開始。58年にインストの「ザ・フリーズ」でデビュー。その時点で既に凶暴なギターワークは完成していた。
60年代初頭には ホール/ホールウェイに録音。この頃のコリンズは歌えず もっぱらインスト中心だった。

スポンサードリンク
 

 

ロック・サークルとも意欲的に交流
60年代末には キャンド・ヒートの仲介でインペリアルと契約、フィルモア・オーディトリアムに出演、その後低迷期を経て 78年、アリゲーターと契約することで息を吹き返す。

凶悪なテキサス・サウンドを放つギタリストとして確固たる地位を築き、80年代のモダン・ブルースを牽引するまでになった。
 
演奏する際のもう一つの特徴として ギターのストラップを肩にかけて演奏する。
93年、ガンで死去。

使用ギター:フェンダーテレキャスター
      フェンダーカスタムショップ・シグネイチャー・テレキャスター

www.youtube.com

www.youtube.com

お薦めアルバム