読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギタリスト大百科

私の知っているギタリストや好きなギタリストをご紹介していきます。たまにギターや音楽と関係無いことも書きますm(_ _)m 最終的にギタリストの広辞苑みたいになればいいなと思っとりますが 多分ごちゃまぜブログみたいになると思います(笑)

Albert King(アルバート・キング)そのフライングVから繰り出す至高のチョーキングに世界がひれ伏す!

スポンサードリンク


f:id:ichichanng:20160305202158j:plain
画像引用元
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/blog-entry-96.html


ロックシーンにも多大な影響を与えたスリー・キングスの一人

アルバート・キングは1923年4月25日、米国ミシシッピ州インディアノーラで生まれた。13人兄弟の内の一人だった
彼が8歳の時に一家はアーカンソー州フォレストシティに移住。この頃既に彼は中古のギターを手にしていた。

 左利きの彼は右利き用ギターをそのままひっくり返して練習した。弦の上下は逆になるが、彼は死ぬまでずっとそのスタイルを通した。
数年後にはバンドに加入。成長してからは、ブルドーザーの運転手をしながらクラブで演奏し、ゴスペル・カルテットのシンガーも務めた。

長い長い下積み時代

50年、彼はアーカンソーのオセオラにあるクラブのハウス・バンドのメンバーとなる。
そのバンドではローカル局のラジオ番組にも出演した。53年にはインディアナ州でジミー・リードとジョン・ブリムのバンドにドラマーとして加入。この頃にアルバート・キングと名乗り始めた。(本名はアルバート・ネルソン)

これは、B.B.キングの影響だったという。また ウィリー・ディクソンにも出会っている。ディクソンはキングをシカゴのパロット・レーベルに紹介、こうして54年に初めてのシングル「Be on Your Merry Way」がリリースされた。
彼は56年にセントルイスに拠点を移し、58年からボビン・レコードに吹き込みを始める。ギブソン・フライングVを使い始めたのは この頃のことである。

61年になって、キング・レコードが彼のシングル「Don't Throw Your Love on Me So Strong」を全国発売、ビルボードR&Bチャート14位のヒットとなる。
62年には初のアルバム「Big Blues」もリリースされた。しかし大きなブレイクに繋がることは無かった。


ブルース・ギターからロック・ギターへの流れを作る

66年、キングはスタッカス・レコードと契約する。そしてハウス・バンドであるブッカーT.&ザ・MG’sをバックに「ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン」「オー・プリティ・ウーマン」「クロスカット・ソー」などのシングルをリリースしていく。
67年にはそれらのシングルを含んだアルバム、「ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン」を発表。この作品は多くのロック・ギタリストに多大な影響を与える事となった。

クリームが「ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン」を、フリーが「ザ・ハンター」をカヴァーしたことからも その影響の大きさが分かるし、逆に彼らがカヴァーすることによって、キングの知名度は白人ロック・ファンの間に浸透していった。

68年からはサンフランシスコにあった最先端のライブ会場、フィルモア・ウェストに出演するようになり、それもまた多くのロックファンへのアピールとなった。
同時にニューヨークのフィルモア・イーストにも何度も出演している。同年、フィルモア・ウェストでのライブ・アルバム「Live Wire / Blues Power」、69年には「Years Gone By」「Blues for Elvis : Albert King Does the King's Things」、71年には「Lovejoy」、72年には「I'll Play the Blues for You」とアルバムリリースも続いた。

f:id:ichichanng:20160306100409j:plain

画像引用元
http://blogs.yahoo.co.jp/koji7544/64476603.html


聖者の行進に送られて・・・

スタックスは70年代半ばに倒さん、キングはRCA傘下のユートピア・レーベルに移籍した。2枚のアルバムをリリースした後、78年にはトマト・レコードと契約。この年には、B.Bキングとのカップリングで初来日公演を行っている。
81年には日本人ブルース・シンガー、大木トオルと共演。アルバム「大木トオル ブルースバンド Featuring アルバート・キング」を残した。
83年にはファンタジー・レコードに移り、このレーベルから発表した「San Francisco'83」と「I'm in a Phone Booth,Baby」はグラミー賞ににノミネートされている。また、83年にはその年にデビューし、世界を席巻していたスティーヴィー・レイ・ヴォーンと共演(スタジオ・ライブ)し、その音源は後に「イン・セッション」としてリリースされた。

f:id:ichichanng:20160306123859j:plain

画像引用元:http://leopard.air-nifty.com/offending_instruments/2010/11/albert-king-wit.html

この年、「ブルースの殿堂」入りも果たしている。85年には引退宣言をしたが、その後も活動を続けた。
89年には再び来日、ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルに出演している。(この時もB.Bキングが一緒だった)90年には ゲイリー・ムーアの「スティル・ガット・ザ・ブルース」にゲスト参加。
91年には最後となるアルバム「レッド・ハウス」をキャッスル・レコードよりリリース。しかし、92年12月19日のロサンゼルスでのライブが彼の最後のパフォーマンスとなった。2日後の21日、メンフィスの自宅で心臓発作のため69歳で逝去。
大きなヨーロッパ・ツアーを控えてのことだった。

葬◯では ジョー・ウォルシュがスライド・ギターで「アメイジング・グレイス」を演奏、その後 参列はメンフィス・ホーンズが演奏する「聖者の行進」をバックにメンフィスのビール・ストリートを行進した。

スポンサードリンク
 

キングのプレイスタイルと機材

彼のプレイの中で、特にチョーキングはブルース・ギタリストのみならず、多くのロック・ギタリストに影響を与えた。
スケールの大きさがあり、それでいて色気を感じさせる。そしてただの1音でもブルースの持つ深みや様々な感情を表現する事ができる。
その至高のチョーキングが彼を唯一無二の存在したといってもいいだろう。トレード・マークはギブソン・フライングV。58年に発売された、当時としてはかなりエキセントリックなシェイプを持つギターだった。
彼の物は59年製で「ルーシー」という名前が付けられていた。70年代はじめ頃からは、
ダン・アールワインが制作したフライングVタイプを愛用した。このギターはレスポールタイプのヘッドを持っており、そこには「LUCY」とロゴが入れられていた。
また88年には65歳の誕生日を祝って、ZZトップのビリー・ギボンズからフライングVタイプのギターをプレゼントされている。これはトム・ホームズが作ったもので、指板にキングの名前がインレイされている。彼はこの「ルーシー」も愛用した。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

お薦めアルバム