読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギタリスト大百科

私の知っているギタリストや好きなギタリストをご紹介していきます。たまにギターや音楽と関係無いことも書きますm(_ _)m 最終的にギタリストの広辞苑みたいになればいいなと思っとりますが 多分ごちゃまぜブログみたいになると思います(笑)

Amos Garrett(エイモス・ギャレット)やはりテレキャスはカントリーやブルースがよく似合うと再認識させてくれた男

Amos Garrett エイモス・ギャレット Country blues

スポンサードリンク


f:id:ichichanng:20160307233035j:plain
画像引用元  http://www.drillspin.com/person/view/ARDSA0104315


余人の追随を許さない、テレキャス・マスターギタリスト

エイモス・ギャレットは1941年11月26日、米国ミシガン州デトロイトで生まれた。
5歳に時にカナダのトロントに移住、その後モントリオールに移り、14歳でギターを始める。63年にマイク・セットルのバックでカーネギー・ホールに出演したのがプロとしての初ライブだった。

 64年~67年にはトロントでジャグ/ストリング・バンドで活動。
68年からはニューヨーク州ウッドストックで活動していたカナダのデュオ・グループ、イアン&シルヴィアのバックを務め、その後彼らと共に「グレイト・スペックルド・バード」を結成。70年に同名アルバムを発表した。

ちなみに彼らはその年、大阪万博のカナダ館で演奏するために来日している。
そして、ジェフ&マリア・マルダーと活動を開始。また、当地のペアズヴィル・レコードのトッド・ラングレンやジェシ・ウィンチェスターらの録音にも参加している。
また、元グレイト・スペックルド・バードのメンバーで結成したハングリー・チャックに参加、72年に同名アルバムを発表。その後、ポール・バターフィールズ・ベターデイズで、73年に「ベター・デイズ」と「イット・オール・カムズ・バック」をリリース。

同年にはマリア・マルダーと同名のファースト・ソロアルバム(全米3位)に参加。
その他、数えきれない程のアーティストの作品でギターを弾いている。

スポンサードリンク
 


78年にはジェフ・マルダーとコンビを組み、「FLYING FISH」を発表。
79年には共に来日している。初のソロアルバムは80年の「GO CAT GO」。82年には「AMOSBEHAVIN’」をリリース。88年にはダグ・サーム(Vo)、ジーン・テイラー(P)と「THE RETURN OF THE FORMERLY BROTHERS」を、89年にはまたソロで 「I MAKE MY HOME IN MY SHOES」を発表。
90年にはサーム・テイラーとの日本公演を収録した「Live in Japan」もリリースされた。また、その年にはエドモントン・フォーク・フェスティバルのハウス・バンドのリーダーになっている。以来、何期かに渡ってその役を務め、ソロモン・バークやルース・ブラウンなど、多くのアーティストのバックをこなしている。

92年には「Third Man In」を、96年には「Off the Floor Live!」を発表、以降も活動を続けている。07年、09年には単独で、10年には31年ぶりにジェフ・マルダーと共に来日を果たした。
ギターはフェンダー・テレキャスターがトレードマーク。
だが、ベター・デイズの頃にはエピフォン・シュラトン(セミアコ)も使用しており、マリア・マルダーの「真夜中のオアシス」での名演もこれである。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

お薦めアルバム